2006年04月08日

駄文特別編 第二章

注意 実在するキャラクターを出演させてますが、まったくのフィクションです。

駄文特別編 第一章のの続編でございます



「考えってなに?」

ハギレオーナが問う。
「・・・ハギサ、ルロイちんがアテネにいるんだよね?」

前方の重ガレーを見据えながらハイスロットルが聞く。

「うん、クエ用意して待ってるって言ってた。」

「・・・ハギサ、ハイレ・・・あの重ガレーを足止めできる?」

「え?」

「二人が足止めしている間に私が全速でガレアスの間を抜けて、アテネからルロイちんを引っ張ってくる!!」

「ちょ、それじゃハイサ、ガレアス2隻にめった撃ちにされちゃうよ!!」

「大丈夫、このローズウッド製アラガレなら耐えられる。だって、私が設計したんだから。」

ハイスロットルに引く気はない。

「・・・ハイレ・・・ハイサに任せよう。」

「でも・・・」

「ハイサ、本当に大丈夫なんだよね?」

ハギレオーナがハイスロットルの目を見る。
うなずくハイスロットル。



「大丈夫、絶対突破してみせる。」




「帆全開!!漕手、全力でこげー!!」

ハイレディースの掛け声でガレアスが加速する。

「帆全開!!ハイレに遅れないで!!」

ハギレオーナが指示をだす。
先頭にガレアス。
少し遅れて戦闘用ガレオン。
敵艦は2隻づつの小艦隊に別れ左右から包囲するように展開する。

「ハギサは右の2隻を沈めなくていいから押さえて!!あたしが左の2隻を押さえるから!!」

「あいあい、任せて!!」

ハイレディースのガレアスは重ガレーより白兵能力、砲戦能力ともに勝っているため、一気に距離を詰める。

「左に舵を切って!!右側砲撃用意!!」

その巨体に似合わない速度でガレアスが回頭する。

「撃て!!」

もとより威嚇だ、ダメージは期待していない。
それでも帆を破り、数名の水夫が落水するのが見えた。

「舵そのまま!!前のガレーに突っ込んで!!」

轟音と共に艦が大きく揺れる。

「突撃!!急いで!!」

250人対150人。
数の差で圧倒する。

「さっさと拿捕して次の奴いくよ!!」

船員を鼓舞しつつ、周囲を確認する。
狙い通り白兵中の1隻、それを援護するためかもう1隻もこちらへ接近してきている。
あとは、ハギレオーナが残りの2隻を抑えれば川の中心ががら空きになるはずだ。

(ハギサ、2隻も抑えられるかな・・・?)

ハギレオーナの戦闘用ガレオンは砲戦能力しか勝っていない。さらに帆船のため機動性も低い。
白兵に持ち込まれたら不利なのは明白だ。

「絶対近寄らせないで!!絶え間なく砲撃を続けるの!!」

2隻に囲まれないようにしつつ、一定の距離を保ちカロネード砲を速射し続ける。

(私の砲撃能力じゃ艦首に打ち込む以外沈められない・・・でも!!)

ハギレオーナには策があった。
艦首に正対できなくても艦首周辺部分に砲弾を撃ち込み続ける。

「敵艦に命中!!混乱している模様です!!!」

待ち望んだときが来た。

「面舵一杯!!全速で敵艦へ!!!」

間髪いれず混乱中の敵艦へ接近する。

「全員対ショック姿勢!!!白兵戦に備えよ!!!」

船と船が衝突する轟音

「船尾楼配置の船員は援護を!!!残りは私に続け!!!!」

混乱中の敵艦へ突撃を敢行する。
やはり、援護のためかもう1隻も接近してくる。


これで狙いどおり


脱出の入り口は開いた


あとは・・・


「帆全開!!!全速で漕げ!!!」

ハイスロットルのアラビアンガレーが、加速を始める。

「急げ!!急げ!!!」

一気に最高速に達する

白兵中の2隻の間を抜け

河口近くまで到達する

だが、その目前に2隻のガレアス

2隻の間に存在するわずかな間隙

「真ん中を一気に抜ける!!!」

行く手を阻まれるか、それとも・・・

ガレアスが行く手をふさぐ様に旋回を始める

「遅い!!!」

ふさがれる前に突入に成功する。

だが、これからが本番。

ガレアスの舷側が砲炎に彩られる

至近距離から放たれる砲弾

船員に警告を出す暇も無い

「耐えろ!!!この程度で沈むほど柔な設計した覚えは無いぞぉーーーーーーー!!!」

絶叫

被弾し船が大きく揺れる

「両舷に被弾!!!砲列甲板で火災発生!!!」

船員の報告は悲鳴以外の何物でもない

だが

沈んではいない

速力も落ちてはいない

「抜けたぁーーーーーーーーー!!!!」

思わず安堵の叫び


後ろは振り向かない

急がなければ・・・

舵輪を握る手に力がこもる

「このまま全速でアテネへ向かうよ!!!」





えー、時間が開きましたが・・・一応書き上げたので公開・・・

つーか、時間開きすぎて・・・

ゲーム中のキャラと駄文中のキャラの戦闘能力の差が・・・

ゲーム中なら重ガレー4隻+ガレアス2隻の艦隊程度、ウハウハいいながら戦闘してそうよね・・・(´・ω:;.:...
【関連する記事】
posted by ルロイ=ミルトン at 11:16| ボストン ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
続きキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n´∀`)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!

ハイスロがんばれwwwww
Posted by はいすろて at 2006年04月09日 10:12
はいすろて嬢へ
本当はね・・・

もうちっとぼろぼろにする予定

だったのは内緒だ!! (゚Д゚)y─┛~~

あんま凄惨な海戦つーのもどうかと思ってね(;´Д`)
Posted by ルロイ=ミルトン at 2006年04月09日 15:56
・・・ククク・・・
これから影の首領が・・・
・・・クククククク・・・
Posted by ちゃっぴー at 2006年04月09日 20:28
・・・ククク・・・
これからが本番まぅ
Posted by ブラッディローズ at 2006年04月09日 23:16
悪のまぅ皇帝と悪の刺客へ
そんなに悪役にして欲しいなら、してやろうか?

ろくな最後を迎えられんと思うがよ・・・(;´Д`)
Posted by ルロイ=ミルトン at 2006年04月10日 00:39
おぉ!!
進んでる進んでる^^
楽しみ楽しみ^^

Posted by ハイレディース at 2006年04月10日 19:00
(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)
やっと来た−w

どうなるのかしらwwww
ちゃぴたん&ローズもどうからむのかしらwww


>ゲーム中なら重ガレー4隻+ガレアス2隻の艦隊程度、ウハウハいいながら戦闘してそうよね・・・

むしろ……自分から襲ってるね……( ´・ω・) ククク
Posted by ハギレオーナ at 2006年04月11日 10:53
ハイレ嬢へ
すまんねー。時間あいてしもうて(;´Д`)
あと3〜4話ほどプロットはあるんで

また気長にまってや〜( ´ー`)y-~~
Posted by ルロイ=ミルトン at 2006年04月11日 19:05
姐さんへ
まぁ、プロットでは・・・

以下自主規制│◎  ◎│Ψ ピガーガー

な感じで絡むんだよ〜( ´ー`)y-~~

ととぼけておこう(・∀・)
Posted by ルロイ=ミルトン at 2006年04月11日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16299895
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。